前線を伴った低気圧の影響で、東北南部から九州にかけて断続的に雨が降る。
北陸や九州では雷を伴って非常に激しく降る所がある。
低気圧の中心付近で活発な雨雲が掛かるため、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要。
また、東・西日本沿岸部では、強風に注意。
北海道や東北北部は、雲に覆われて雨の降る所がある。
最高気温は北日本で25度ぐらい、東・西日本は29度前後で広くムシムシしそう。