日本付近を前線や低気圧が通過し、しだいに冬型の気圧配置となる。
西日本は午前中雨が降りやすいが、前線の離れる午後は、太平洋側で天気が回復に向かい、東日本は関東周辺で日差しの出る所が多い。
一方、北陸や北日本は、はじめ雨やみぞれの所が多いものの、寒気の流れ込む夜は、広く雪に変わって積雪の増えるおそれ。
最高気温は関東以西で平年より高く、春先の暖かさとなるが、夜は西ほど冷えるため服装に注意。