活動が活発になっている梅雨前線は引き続き北陸から東北付近に停滞する。
すでに記録的な大雨となっている所にさらに多くの雨が降るため、川の氾濫や土砂災害に厳重な警戒が必要。
一時的に雨が弱まっても災害の危険は残るため川や崖には近づかないで。
そのほか、青空が広がるのは北海道ぐらいですっきりしない天気の所が多くなる。
日中の気温は関東から西で30度以上と蒸し暑く、午後は西日本中心に急な雷雨に要注意。