寒冷前線が南下し、全国的に雨が降る。
北陸と北日本では、断続的に激しい雨が降り、局地的には猛烈な雨の降るおそれがある。
土砂災害や低地の浸水、河川の氾濫に厳重な警戒が必要。
また、西日本は暖かく湿った空気が流れ込み、大気の非常に不安定な状態となるため、激しい雨の降る所も。
最高気温は、北海道で20度以下の所が多く、上着必須の肌寒さとなる。
東・西日本は30度前後で、関東では猛烈な暑さが続く。