本州を挟む低気圧や前線の影響で、北海道から近畿は不安定な天気となる。
特に、北日本太平洋側は激しい雨が降り、大雨のおそれがあるため、土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水や川の増水にも警戒・注意が必要。
中国・四国から沖縄は晴れ間があるが、所々で傘の出番。
最高気温は、北海道から関東で10月並の肌寒さとなるが、東海から西は27度ぐらいの所が多く、湿度が高いため、ムシムシと感じられそう。