前線を伴った低気圧が近づくため天気は西から下り坂で、西日本中心に所々で激しい雨や雷雨のおそれ。
九州などは雨量の多くなる可能性もあるため大雨災害に要注意。
一方、北日本も別の前線が通過し、午後は広く雨やくもりで雷の鳴る所も。
東日本では午前中日差しが出るものの、夜はあちこちで傘の出番となる。
昼間はこの時期にしては高めの気温が続くが、北海道は日没後に一気に冷え込むため、厚手の上着が欠かせない。