高気圧が関東付近まで移動し、梅雨前線の活動が西から活発化する。
このため、北・東日本中心に日差しが降り注ぐものの、西日本は午前中晴れる程度で下り坂へ。
九州は早くから雨で、夕方以降は局地的に激しく降るため、土砂災害や浸水害などに警戒・注意が必要。
また、夜になると東海周辺まで雨域が及ぶ。
最高気温は広く30度前後が続き、北海道のヒンヤリ感は解消されるも、沖縄では汗が噴き出すほどの暑さとなる。