上空に寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が続く。
北日本の日本海側では雪が降り、北陸から山陰も、冷たい雨でしぐれる。
降水量が増えるため北日本では大雪やふぶきによる交通障害、北陸では土砂災害に注意。
太平洋側は、晴れ間が出て空気の乾燥が進む。
最高気温は関東から九州で15度前後と、初冬の寒さが続く。
北海道は1度前後と30日より下がり今シーズン一番の寒さで、真冬日となる所もありそう。