梅雨前線が北上して活動が活発となる。
前線の掛かる奄美や九州南部は、局地的に雷を伴い非常に激しい雨の降るおそれがあるため、土砂災害に厳重に警戒し、川の増水・氾濫に警戒。
また、西・東日本も広く傘の出番で、太平洋側は雨脚の強まるおそれ。
最高気温は22日より大幅に低く、暑さがやわらぐ。
一方、前線から離れた北日本は、晴れてお出かけ日和となるが、日中の気温は30度前後まで上がるため、熱中症に注意。