印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


さくら開花・見頃予想トップに戻る

HOME > さくらコラム > さくら豆知識_これから見頃を迎える所も!東北6県のさくら名所特集

さくら豆知識

  いろんな視点からさくらの話題を発信♪

第8回
これから見頃を迎える所も!東北6県のさくら名所特集

こんにちは。ライフビジネスウェザー気象予報部の小櫃です。

東日本大震災から今年で6年が経ちました。
復興が進められている東北地方にさくらを見に行ってみませんか?

関東から九州の平地では、ソメイヨシノという淡いピンク色のさくらが、
今年は3月下旬から4月上旬にかけていっきに開花し、見頃を迎えましたね。

一方、北海道と東北地方を合わせて北日本といいますが、これからさくらシーズンを迎えます。

北日本の冬は、東日本や西日本に比べると、寒くて長いことが特徴です。
冬の最高気温も、東北地方は東京より10度近く低く、まさに雪の降る寒さが続きます。
このため、さくらのつぼみの生長も遅く、さくら前線も4月中旬から5月にかけて北上をします。
厳しい寒さを乗り越えて咲くさくらの花は、一味違う美しさがあるはず!

この記事では、さくら名所100選に選ばれている東北地方のさくら名スポットと
4月14日発表の第11回さくら開花・見頃予想をまとめてみました。

東北地方にお住いの方はもちろん、
「忙しくてお花見をできなかったなぁ・・・」
「お花見を予定していた日に、雨が降っちゃった!」
「今年は、さくらをじっくり見なかったな・・・」
という関東から沖縄に暮らしている方も必見!
今からでもさくら見に行けますよ!!楽しめますよ!!!

さくらの見頃が、ゴールデンウィークにピークを迎えるさくら名所もありますので、
お花見や旅行を計画されている方は、ぜひ参考にして下さいね!

東北のさくら名所をピックアップ!

<福島 鶴ヶ城公園>

fukushima.png
福島県の中央よりやや西に位置している会津若松市にある鶴ヶ城。
天守閣は約50年前に再建され、お城の中に入ることもできます。

さくらの時期になると、城の周りに広がる公園内では、
ソメイヨシノを中心に約1000本のさくらが咲き乱れます。

城や公園を取り囲む石垣に加え、さくらが美しく咲くため、
人気の高いお花見スポットになっています。

さくら開花予想日は4月16日、見頃期間は4月20日~4月27日に迎えそうです。

<宮城 白石川堤一目千本桜>

miyagi.png
“一目千本桜”は、“ひとめせんぼんざくら”と読みます。

宮城県西部の都市、白石市柴田町を流れる白石川沿い、約8キロに渡るさくら並木です。

千本桜の名前の通り、大正時代に1000本余りのさくらが植えられ、
今では、街のシンボル的に存在になっています。

さくらが開花する時期は、山頂に雪が残る蔵王連山の白と、
さくらの淡いピンク色、白石川の清流の青が、見事な調和を織りなします。

また、さくらシーズンは屋形船が運航され、
船の上からさくらを楽しむことができます。

今年は4月14日時点で開花していて、4月21日頃まで見頃が続くでしょう。

<山形 鶴岡公園>

yamagata.png
山形県の日本海側に位置する鶴岡市。
鶴岡市の中心部に鶴岡公園があります。
かつては、庄内藩のお城だった”鶴ケ岡城”の跡に作られた公園です。

一年を通して様々な草花を楽しめることもこの公園の特徴の一つ。
春のこの時期は、さくらが咲き誇ります。

また、「たそがれ清兵衛」などの時代小説を書いた藤沢周平は、鶴岡市出身。
藤沢周平記念館が鶴岡公園内にあり、
藤沢周平の作品の中にも鶴岡公園周辺が登場したことがあります。


さくらの見頃は4月17日~4月24日に迎えそうです。

岩手の北上展勝地、秋田の角館、青森の弘前城は、みちのく三大桜としても有名です。
みちのく三大桜は、今年はゴールデンウィーク頃にさくらが見頃を迎えそうですよ!

<岩手 北上展勝地>

iwate.png
岩手県の中央を北から南に流れる北上川。
北上川のほとりある北上展勝地の歴史は100年近くあり、
さくらを植え付ける事業を行ったことに始まりました。

“展勝地(てんしょうち)”は聞き慣れない言葉だと思いますが、
展望のきいた名勝・景勝の地、
つまり眺めのいい土地、という意味で名付けられたそうです。

北上川沿いには、ソメイヨシノをはじめベニヤマザクラなどおよそ150種類のさくらがあり、
約1万本のさくらが咲き誇ります。

さくらまつりには毎年、全国各地から観光客が訪れます。

さくら開花は4月20日、見頃は4月25日~5月2日になるでしょう。

<秋田 角館>

akita.png
秋田県の中央よりやや東に位置し、秋田の代表的な観光スポットの一つ角館(かくのだて)。

角館は、“みちのくの小京都”とも呼ばれ、
格の高い武士の住んでいた武家屋敷があります。
街を訪れると、江戸時代にタイムスリップしたような気分が味わえます。

街の中心部を流れる桧内川沿いの
“さくらのトンネル“が見どころの一つです。
さくらは、ソメイヨシノとしだれ桜の2種類があり、
開花時期が異なるため、長い期間お花見を楽しめます。

毎年、ゴールデンウィーク頃に桜まつりが開催され、
期間中は、ライトアップされた夜桜も見ることができます。

個人的な話になってしまいますが、私も夏に角館に訪れたことがあります。
さくらをモチーフにしたお土産がたくさん売られていて、すごくかわいかったです。
今度は、さくらの咲く頃に行ってみたいと思います!

4月22日にさくらが咲き始め、見頃は4月27日~5月4日と、
ゴールデンウィーク頃に満開になるでしょう。

<青森 弘前城>

aomori.png
最後にご紹介するのは、青森県の南に位置する弘前城。
最近では、石垣を修理するために、お城の天守ごと移動したことでも有名ですよね。

弘前城には、樹齢115年を超える日本最古のソメイヨシノや西濠のさくらがあります。

ソメイヨシノを中心に、しだれ桜、八重桜など50種類を超える、
2600本余りのさくらが園内を埋め尽くします。

さくら開花は4月21日、見頃は4月28日~5月5日に迎えそうです。

記事のバックナンバーはこちら♪

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|
















HPツイッター画像.png

生気象ラボのロゴ.png
「コート前線」や「おでん前線」て何!?
生活に密着した気象情報を配信!!

みんなの天気予報