印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


さくら開花・見頃予想トップに戻る

HOME > さくらコラム > さくら豆知識_ソメイヨシノの起源

さくら豆知識

  いろんな視点からさくらの話題を発信♪

第3回
さくらのシェアNo.1!
ソメイヨシノの起源を探る

こんにちは。ライフビジネスウェザー気象予報部の伊藤です。

さくらは、春にはなくてはならない存在です。
時期がくると、示し合わせたようにいっせいに咲いて、いっせいに満開となり、そしてパッと散る。これぞ日本の春、ですよね。でもその景色は、ソメイヨシノだからできる業なんです。

春に花を愛でる習慣は奈良時代に始まり、はじめはウメの花が対象でした。それが平安時代にはさくらに変わり、江戸時代には、庶民も楽しむようになりました。ただ、その頃の花見は今とは様子がかなり違ったようです。

というのも、ソメイヨシノが急速に広がったのは、幕末から明治にかけてで、江戸時代には、エドヒガンやヤマザクラ、オオシマザクラが多かったと考えられるのです。このため、当時は辺り一帯がいっせいに見頃を迎えるというわけではなく、様々な種類のサクラが徐々に見頃を迎え、1か月ぐらい花見を楽しんでいました

新宿御苑③.JPG

ソメイヨシノの起源


日本には10種類の野生の種のサクラがあり、人の手によって生み出された園芸品種をあわせると、その種類はおよそ400種にもなります。
そして、そのうち7~8割ものさくらが、ソメイヨシノだといわれています。これほど世に多く出回ったソメイヨシノですが、その誕生については、詳しいことがわかっていません。

ソメイヨシノは、花が大きく、色合いが美しく、また、葉が出る前に咲くため見栄えがします。そして、木の成長が早いという特徴もあるんです。このため人気となり、またたく間に全国に広まっていきました。

ただ、ソメイヨシノは種子から増やすことができません。というのも、同じ遺伝子同士のさくらでは種子ができず、たまたま種ができたとしても、それはソメイヨシノとは別の遺伝子を持つ雑種になってしまうからです。

このため、ソメイヨシノは、親となる木の枝を取って育てる、接ぎ木という方法で増やされます。日本のさくらの大半を占めるようになったソメイヨシノは、たった1本の木から広がったコピーということなんです。

これまでの遺伝子解析の結果、伊豆諸島周辺に分布するオオシマザクラと、本州から九州に分布するエドヒガンを親に持つことははっきりしています。
しかし、いつ、どのようにして生まれたのかがはっきりしていないんです。

いくつか説があり、自然に交配して生まれたとか、江戸時代の中期、東京・駒込付近にあった染井村の植木職人が交配を繰り返して生み出した、などといわれています。そんな謎に満ちたソメイヨシノに、最近、発見がありました。

ソメイヨシノの元祖!?


ソメイヨシノは、接ぎ木で増やされていったわけですから、たどっていけば、必ず1本の原木にたどり着きます。近年、その原木候補となる木、いわば、すべてのソメイヨシノの元祖になるかもしれない木が見つかったのです。

それは、染井村のあった駒込ではなく、東京の上野恩賜公園(以下、上野公園)です。

遺伝子を詳細に調べた結果、上野動物園の表門近くのソメイヨシノとコマツオトメ、エドヒガン系のさくらの計7本が、同じ親木から生まれた兄弟だと判明しました。研究チームによると、兄弟のさくらが等間隔に並んでいることから、人為的に交配を行なって得た実生を植えた人物がいたことが示唆されるということです。

つまり、ソメイヨシノは自然の中から生まれたのではなく、人の手によって生み出され、それは、文献から、染井村の植木職人、伊藤伊兵衛政武の親子である可能性が高いというのです。

これで原木が完全に特定されたというわけではありませんが、上野公園にある1本のソメイヨシノを元に、このさくらが全国に広がっていったのかもしれませんね。

IMG_2188(原木差し替え_縮小版).jpg
          ソメイヨシノの原木候補(上野公園)

400度の法則 100度の法則


同じ遺伝子を持つソメイヨシノですから、同じ地域のサクラは咲く時期がほぼ一緒。いっせいに咲き出すことになります。ソメイヨシノは気温にとても忠実で、個体による開花時期のズレはほとんどありません。この性質を利用することによって、さくらの開花予想が可能になります。

気象会社が使う予測式は少々複雑ですが、個人でも簡単に予測する方法として、「400度の法則」というものがあります。これは、2月1日からの平均気温を足していき、積算気温が400度前後になると開花するというもの。

1か月も2か月も先の気温はわからなくても、つぼみが膨らんできたら、今の積算温度が何度になっているのかを調べ、この先1週間の予想気温がどうなっているかを確認すれば、開花日を予想できるんです。

400度の法則.png

さらに、「100度の法則」というのもあります。こちらは、開花してからの平均気温を足していき、100度前後になると満開になるというもの。開花から満開までは1週間ほどかかりますが、気温の高い日が続けばあっという間に満開になり、気温が低ければ、ゆっくりと満開になります。これで、いつ頃見頃になるか、比較的簡単に知ることができるんです。

今やさくらの代名詞ともなったソメイヨシノ。これほど人々を魅了し、開花の日まで注目される花は、ほかに見当たりません。この春は、皆さんの心にどんなさくらの景色が刻まれるのでしょうか。楽しみですね。

記事のバックナンバーはこちら♪

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|
















HPツイッター画像.png

生気象ラボのロゴ.png
「コート前線」や「おでん前線」て何!?
生活に密着した気象情報を配信!!

みんなの天気予報